FC2ブログ

スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Pagetop

井坂紘さん特別講座

2009-11-16
チューバを吹いていたら、作曲の寺井先生に、
「高橋興味あるんじゃないの?」
と、チラシを指差し言われる。

見てみると、作曲科特別講座。

レコーディングプロデューサーの井坂紘さんの講演だ。


レコーディングプロデューサーってなに?って感じだったけど、
講演を聞いてみてびっくり!

もちろん、レコーディングまでの段取りはもちろん、どんなCDを作成するかに始まり、
さらには演奏者の演奏に対して、口出し、注文をつける人。

たとえば、オーケストラの録音だったら、スコアを見ながら聴いていて、指揮者に、
「ここの縦の線が悪い。」だとか、
「トロンボーンのバランスが悪い。」とか、
「コントラバスのピッチがおかしい。」だとか。

さらには、「ここの解釈がおかしい!」とかも!
「ここはわざとこのパートを大きく書いているんだから、しっかり表現して。」
なんかも言うらしい。
指揮者以上のことを言っちゃったりするのだ。


それを世界一流の指揮者に言うのだからすごい。
恐れずに言う。

それで、「そんなこと今までやってこなかった。イサカ、いい意見をありがとう。」とたくさんの人に言われ、信頼関係を気付き上げ、今もヨーロッパなど、世界中でレコーディングしている。


それから、井坂紘さんは「草津国際音楽アカデミー」のプロデューサーをずっとやられている。
その教育に対する考え方にも感動した。


最近良く思うんだけど、どんな世界でも、「プロ」としてやっている人の、仕事に対する信念ってのはとても強くて、芯が通っていてすごいなと思う。

そういう話を聞くのはとても勉強になります。

今日も井坂さんの話に感動してついつい著書を買ってしまいました。
スポンサーサイト

Pagetop

Trackback

Comment

Post a comment

Secret

Pagetop


プロフィール

是清

Author:是清
1983年静岡県生まれ。
高校のときにTubaに出会う。それまでほぼクラシックしか聞かない少年が、大学時代「鬼頭哲ブラスバンド」に参加したのをきっかけにクラシック以外のバンドにはまる。
2009年には憧れだった「渋さ知らズ」にも2回だけ参加。その他にもさまざまなアーティストと共演。
現在は愛知を中心にバンドなどで吹いてます。
主な参加バンド→「鬼頭哲ブラスバンド」、「東海道スモッグブラス」、「風マカセ」、「風の音」
「Singbeats-Driver」、「カタブラ」というリーダーバンドもやってます。

FC2カウンター

最近の画像

最新記事

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

演奏以来、レッスン依頼、質問などお気軽に連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。