FC2ブログ

バリチューパート練

2010-02-23
今日はバリチューのチューバパート練習なんてものをしてみました。

パート練といってもチューバ2人だけなんですが・・・。



パート練なつかしい!!

昔は良くやったなあ。

特に静大のロメジュリの時のパート練はホントに楽しかった。

なんであんな楽しかったんだろうってくらい。


高3の時のパート練の時も楽しかった。
ホントに「アツイ」パート練だった。

ぼくが一番「吹奏楽」に燃えてた時期だったからな。




良く思うのだけど、楽器がうまくなればうまくなるほど、初めの頃の楽器に対する情熱、必死さが失われていってるような気がする。
初めの頃はもう好きで好きでたまらなくて、一秒でも長く楽器を吹いていたいと思ってたな。
授業中も、その日やる合奏の曲とか、分奏の練習内容とか、ポップスステージの演出なんかばっかり考えてたり。
部活やるために部活行ってたもんな。

僕の高校はそんなにコンクール強い高校ではなくて、でもそれでも何とかして金賞とろうと必死に考えてたな。
友達とあーでもないこーでもないと話し合ったり、スコア読み合ったり、他校の見学に行ったり・・・。

土日のお昼休みとかホントに楽しくて仕方がなかった。

部活終わったあとの帰り道とか。。



今のほうが当然、音楽の本質的な面白さをずーっと知っていると思うんだけど、なんかあの頃のみずみずしい気持ちには一生なれないんじゃないかとも思う。



たとえば家でお母さんが買ってくるマグロの刺身がとっても美味しくて好きだったのに、ちょっと大きくなって、寿司屋で食べる高級マグロの味を知った途端、スーパーの安いマグロが食べれなくなるってことは、誰にでもあると思う。

安物のマグロも食べてて幸せなのに、ほんとはその美味しさは「嘘」だったのか・・・。


「いいもの」、その世界の頂点を見ることが、本当に幸せなことなのか、わからなくなる。



中田英寿がセリエAに行った時、ある評論家は「行かないほうがいい」と言った。

それは中田がヨーロッパで成功しないからではなく、行ってその様子が日本で放映されることにより、日本人がホンモノを知ってしまい、日本のプロサッカーの人気がなくなることを懸念してだったそうだ。


開幕当初のJリーグは本当に人気で、テレビでも毎晩のように放映していた。
でも今は・・・


日本のプロリーグだけを知っていたほうがよかったのか、世界一のプロリーグを知ったほうが良かったのか。




音大に入って、音楽の深くまで潜って、ある意味汚い部分も見えて。

それが本当に良かったことなのか。


「楽器はアマチュアでやってるのが一番楽しいよ」

あの頃良く聞いたけど理解できなかった言葉が今は良く分かる。





だけど、今の方がいろんな音楽の良さを知っているのも確かだし。。。
スポンサーサイト



Pagetop


プロフィール

是清

Author:是清
1983年静岡県生まれ。
高校のときにTubaに出会う。それまでほぼクラシックしか聞かない少年が、大学時代「鬼頭哲ブラスバンド」に参加したのをきっかけにクラシック以外のバンドにはまる。
2009年には憧れだった「渋さ知らズ」にも2回だけ参加。その他にもさまざまなアーティストと共演。
現在は愛知を中心にバンドなどで吹いてます。
主な参加バンド→「鬼頭哲ブラスバンド」、「東海道スモッグブラス」、「風マカセ」、「風の音」
「Singbeats-Driver」、「カタブラ」というリーダーバンドもやってます。

FC2カウンター

最近の画像

最新記事

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

メールフォーム

演奏以来、レッスン依頼、質問などお気軽に連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

検索フォーム